台風で飛行機が欠航!直ちにするべき対処法【NY旅行記】

スポンサーリンク

 

ニューヨーク〜成田、帰りの便が日本の台風の影響で飛行機が欠航になりました。

韓国かどっかまで行き先を変更とかもせず、普通に欠航です。

実際に飛行機欠航を体験して、しなければならない対処法をまとめたので、良ければ参考にしてください。

 

出発3時間前に飛行機欠航になった

出発3時間前に空港ターミナルに到着し、フライトスケジュールを見たところ、通常通り運行予定でした。

そのまま機械でチェックインを済ませようとしてると、「フライトキャンセル」という文字が出てきたのです!!

近くにいたスタッフさんに聞いてみると、ユナイテッド航空は振替便を探してくれるそう。

有人の受付に案内されました。

 

するべきこと①すぐに振替便を確保しろ

振替便は早いもの勝ちです!!!慌てる前にさっさと振替の予約手配をしてもらいましょう。

同じく飛行機欠航した同志たちがたくさんいます。良いフライトからどんどん埋まっていくので、欠航が決まったら早めに予約が重要です。

最初スタッフさんが直行便しか探しておらず、2日後じゃないとフライトがないということ。

乗り継ぎでも良いからと言うと、翌日の朝シカゴ経由で便があったので、それを予約してもらいました。

 

私たちは到着したのが早かったので、ほんまに良かった。

タイムリーに欠航がわかったので、有人カウンターは誰も並んでいなかったのですが、探すのにも5分以上は時間がかかっていましたよ。

そしてどんどん列が伸びてくる。しまいに、ニューヨーク〜成田専用のカウンターが作られていましたが、1時間半は余裕で待っていたでしょう。

 

早めに振り替えてもらった私たちでさえ振替したのが翌日だったから、後の人たちはどうなっていたのか、、、

実際はわかりませんが、乗り継ぎ時間がめっちゃ長いフライトとか2日後出発の便に振り替えられてたのかもしれません。

 

とにかく直ぐに受付カウンターに行き、手配をしてもらいましょう。

 

遅延証明書を必ずもらう

海外旅行保険の保険金をもらう場合、遅延証明書が必ず必要になります。

一緒にお願いするのを忘れずに!

 

するべきこと②海外旅行保険会社に確認する

今までも海外旅行保険に加入してましたが、利用することは初めてだったので、とりあえず問い合わせ。

なぜか海外だと電話ができなかったので、日本にいる家族に言って、保険会社の国内専用デスクにかけてもらいました。

ホテル代・食費・交通費など1回の欠航で3万円まで支給されるとのことです。

もちろん会社によって違いますが、だいたい3万が多いそう。

 

海外旅行保険加入は必須

台風・地震など異常気象が目立っている中で「私は大丈夫」と思いながら海外旅行保険に入らないやつがいます。

いつ何があるかわからないのに舐めくさっている人が本当に多い。

人に起こっていることはあなたにも起こる可能性があるんですよ?

また何かの食中毒になり病気をした時なども、アメリカはただでさえ死ぬほど医療費が高く、私は何百万単位も実費で払えません。

それなら私は3000円くらい払って海外旅行保険に入ります。

http://hoken.kakaku.com/insurance/travel/

 

クレジットカードに旅行保険がついているから大丈夫と思っているやつは今すぐ項目を確認しろ

旅行保険がついているクレジットカードに、飛行機の遅延・欠航した場合・スーツケースが紛失した場合などに援助してくれる項目はほとんどありません。

もしあるとしたら年会費1万ほどするゴールドカードばかり。

知っていて入らないのは本人の自由ですが、項目も知らずに「私はクレカに付帯されてるから大丈夫」と思っている人は確認してから言ってください。


旅行保険にプラスして旅行保険金が手厚い【エポスカード】楽天カードは併せて持っておくと損はないでしょう。両方永久年会費無料!私も実際持っています。

【WDW準備編】海外旅行保険って必要?保険+クレジットカードが最強なんです!

2018年3月27日

 

するべきこと③滞在先・ホテルを予約する

出発日が翌日になったので滞在先を探します。

ユナイテッド航空ではホテルを取ってくれることはありませんでした。

スタッフさんに聞くと「下の階にホテルの空室情報があるから確認しに行ってきて」とのことでした。

めんどくさいので私たちはネットでホテルを予約👇

 

まとめ

地震や台風など異常気象が目立っている中で飛行機欠航や遅延は珍しくないでしょう。

そんな時にしっかり対処できればと思い、情報をシェアしました。

私は結果的に、無料で1泊できてもう一日ニューヨークを楽しめました!笑

いつハプニングが起こっても大丈夫なよう、万全の対策に備えると同時に、楽しい旅行にしてください。

 

スポンサーリンク