これで決まり!デザイン重視のヨガマットなら「ヨガデザインラボ」!

こんにちは。ヨガインストラクターのkuruminです。

ヨガマットってたくさん種類があるからどれにしたら良いか本当に悩みますよね。

  • 値段
  • 機能性
  • デザイン
  • マットの厚さ

など選ぶ基準はさまざまです。

そんな中、旅行用や外ヨガ用にかわいいヨガマットが欲しいと思っていた私。

ついに発見しました!!!! デザイン性抜群のヨガマット。

「少しヨガに慣れてきたのでかわいいヨガマットが欲しい」
「旅行用に小さめのヨガマットがほしい」

という方に朗報!!めちゃくちゃかわいいヨガマットを購入したのでとりあえず紹介させてください。

ヨガデザインラボ(yogadesignlab)

2014年カナダ人のチャド・ターナーさんによって作られました。美しいデザインと再生利用可能な素材。天然のゴムと再利用可能なマイクロファイバーで作られています。環境に優しいヨガマットです


ヨガマットレビュー

ヨガマットの厚さは大きく分けて4つあります。

  • コンボマット(厚さ3.5m)
  • コミューターマット(厚さ1.5m)
  • トラベルマット(厚さ1m)
  • ヨガタオル

今回、トラベルマットを2種類購入しましたので、詳しく写真に残しておきますね。

ほとんどのヨガスタジオで使用されている6ミリのヨガマットと比べてみました👇
明らかにコンパクトなのが分かります。

トラベルマット表面の素材👇ふわふわしていて触り心地が良いです。

裏面👇 滑り止めがしっかりしています。

厚さ1ミリ👇 

薄いの承知ですが、固めの床ですることはおすすめしません。

外でするには芝生・中でするにはじゅうたんなど柔らかい素材が良いと思います。

実際に使用した!ヨガデザインラボのメリットとデメリット

ここからは私が実際に使用して感じた、メリットとデメリットをそれぞれお伝えしていきます。

メリット①デザインがかわいい

もうこれがいちばん!

デザインの種類は10種類以上あって全部可愛くて悩みました。

デザインがかわいいと気分も上がりますよね。

ぜひどんなデザインがあるか参考にしてみてください👇

厚さによっても取り扱いされているデザインが違うみたいです。


メリット②外ヨガ・旅行用にぴったり

コンパクトサイズなので旅行や外ヨガなど持ち運びに便利で、ビーチヨガやパークヨガなどいつもと違う雰囲気の場所でヨガをする時に、ヨガマットもかわいいと気分が上がりますよね!

旅行中のヨガだけでなく、パークヨガも写真撮影をすることが増えてくると思います。そうゆう時にこのマット1枚さえあれば写真映えも間違いありません!

ここからはデメリットです。

デメリット①値段がかわいくない

私がずっと欲しいなあと思いつつ、ためらっていた理由はこれです。

値段があまり可愛くないです。

  • コンボマット:8500円
  • コミューターマット:6800円
  • トラベルマット:6200円
  • ヨガラグ:4800円

ヨガデザインラボ公式HPを参考にしました。

デメリット②思ったより重い

厚さが薄いので全てコンパクトサイズですが見た目以上に重いかも!

旅行や外に出かける際、少しでも荷物を軽くしたい方にはおすすめしませんが、一般サイズの6mヨガマットを持ち運ぶことに比べたら全く問題ないと思います。

こんな人におすすめ!

  • かわいいヨガマットが欲しい
  • トラベル用のヨガマットが欲しい
  • ヨガマットでも気分を上げたい
  • 写真映えしたい

このヨガマットを使い始めてから、いろんなお客様にお褒めの言葉や「どこのヨガマットですか?」と聞かれることが多いです。

それだけデザイン性は間違いなし!

デメリットもあげましたが、やっぱりおすすめしたい!


ヨガデザインラボのヨガマットでさらに楽しいヨガライフを送れますように。